NO.356
Dynaの秋葉原ジャンクパラダイス
別館

 DynaのHARD・OFFジャンクパラダイス

                                                           By Dyna (2021.08.08)

ども、Dynaです。
新型コロナ感染症については、国内の感染者数が1万5000人を超え、デルタ株が猛威をふるっています。
でも、その中で実施している東京オリンピック2020は、日本人選手のメダルラッシュが続き、うれしい限りですね。
 さて、最近まともなレポートをUPしていませんが、「この間、いったい何をしていたの?」と聞かれそうですね。
実は、秋葉原に行けない分、近隣のHARD・OFF巡りをしていました。というのは、最初に偶然名機と呼ばれる
ジャンクアンプを入手してしまい、 その音に感動して、HARD・OFF巡りをしていました。
 その結果、現在16号機まで購入してしまいましたが、まだまだ続きそうです。
 購入したジャンク機器は概ね修理に成功しており、レポートだけではなく、動画の撮影にもチャレンジしています。
その報告を行うため、Dynaの秋葉原ジャンクパラダイス別館「DynaのHARD・OFFジャンクパラダイス」を立ち上げます。

                                                           By Dyna 



はじめに(名機ONKYO CR-185との出会い)

 昨年2020年は、コロナ禍の中、家内の実父の葬儀や新盆を行うなど、田舎での生活が多くなりました。
その際に、気になったのは、田舎ではラジオが聞けないといことです。勿論TVは見られますが、TVを見ていると
掃除等の活動ができず、ぜひラジオを聞きたいと思ったのです。
 しかし、家内の実家は山の中のため、まともにFMもAMも入りません。ならばインターネットラジオを聞けば良い。
となるのですが、家内は複雑な操作が苦手で、ラジオも電源ONで即聞きたいタイプなのでした。
 そこで、FMアンテナを建てれば何とかなるか調査することとし、FMチューナーのジャンクを探しに近所のHARD・OFF
に行ったのです。

 近所のHARD・OFFには500円程度で往年のオーディオ機器がゴロゴロしています。チューナーも選び放題でした。
そんな中で、1台のミニコンポが当方を呼んでいたのです。それはONKYOのCR-185というCD/チューナー/アンプで
価格は880円です。当方的には「CDなんて要らない。チューナーが生きていてくれれば。」と思ったのですが、せっかく
なので、500円のチューナーを無視してふっくらしたCR-185を購入して帰宅したのでした。

 帰宅して早々に電源を入れてみたのですが、当たり前ですがCDは不安定でまともに再生できません。しかし、FMは入りました。
それが、良い音なのですね。低音が豊かと言うか広いというか・・・・。まるで真空管アンプです。驚きました。
これはすごい、ならばCD部も修理しようということになり、インターネットで修理方法を調べたら、あるはあるは、山ほども!
皆さん音を高く評価していますね、はやり同じ感想を持たれたようです。
 でも、その中で一番感激したのはYouTubeでした。修理方法って写真や文字だとイマイチ分かりにくいです。しかし、動画は
分かりやすいですね。ならば、当方も腕を磨いて、YouTuberに挑戦?

 結局、CR-185は簡単に修理出来て、以後秋葉に行くことも忘れて、HARD・OFF巡りが主流になってしまいました。
CR-185の音の良さは、一時当方もはまったTA2020系アンプの比ではないですね。もちろんTA2020アンプも良かったの
ですが、器が中華どんぶりで、なんとも・・・・。その点、20年以上も前の機器とは言え流石Maide in Japn!外面を見ている
だけでも心が痺れます。こんな機器が¥550、¥880、¥1100程度で転がっているなんて、正にジャンクパラダイスです。

1号機 ONKYO CR-185(初代) ¥880

 もう20年以上も前に販売されたCR-185(初代)です。音が良いためか、その後U、LTD、Xと4種の185が存在する
ようですが、音質的には初代が一番との声があります。当方はそこまで聞き分けできませんが、U以降はLINE入力が
追加されたので大変重宝しています。
 このシリーズの中古・ジャンクの特徴は、蛍光管表示部が暗い物が多く、今回購入したものは一応正常に表示するのでラッキーでした。
というのは、以後数台購入したのですが、ここまで正常に表示できるものは入手出来ていません。皆表示が暗いです。
 CR-185の故障の多くは、@CDトレイが出ない(出っぱなしになる。)、Aトレイが動くと異音がする、BCDが読めない・音飛びがする、
Cボタン操作が異常、D蛍光管表示が暗い、E修理の際にフラットケーブルを破損する。です。
 それに対応するため、次のように対応するのが吉です。

 @CDトレイが出ない →ゴムベルト交換 (千石電商 Φ25mm T1.6mm ¥160)
 ACDトレイが出っぱなしになる。トレイが動くとき異音がする。 →リーフスイッチ2箇所の清掃 と接点復活スプレー塗布
 BCDが読めない 、音飛びがする →レンズを無水アルコールで清掃、メカのグリースアップ、VRの調整、ダメならピックアップ
                        KSS-240Aの交換
 Cボタンの異常 →タクトスイッチの交換
 D蛍光管表示が暗い → 近くのコンデンサーを交換すると良いとの情報もありましたが成功しませんでした。清掃するしかありません。
 E修理の際にフラットケーブルを破損する →修理をチャレンジした方が顔面蒼白になる現象で、CD部の修理を数回実施すると
    かなりの確率でケーブルが破損します。状況は金属部分と絶縁部が剥離してしまうのです。当方は両面テープで補修しましたが
    イマイチですね。
    対応方法は、作業を何回もしないこと、一発で決めること。Fケーブルとコネクタ部に接点復活剤を付けてスムーズにします。
    それでも、剥離してしまったら、ピックアップ側と天地返しします。それでも失敗したら新品のケーブルを入手します。
    (当方は偶然オークションで、苦労して入手された方から1本譲っていただきました。)←お宝です。
    (海外からの購入はかなり厳しいようです。)

★1号機の専用HPはここです。 By Dyna

★投稿がありました。こちらです。 By リチュウムさん

以後、シリーズ化して続きます。



ども、Dynaです。
 秋葉原に行けなくて、パソコンの購入もあまりニーズが無くなり・・・。さて、なにしようか?と思っていた時にCR-185と衝撃的な出会いと
なってしまいました。
 当方も、20年以上も前には沢山のオーディオ機器を持っていました。しかし、そのころはビジュアルに凝り、その後PCへと気が変わり
オーディオにはまったく興味が無くなり、家族からジャマ扱いされて、ほとんどのオーディオ機器をハードオフに売りました。そして、
家内用にミニコンポを 一台リビングに設置して、当方はポータブルなiPod等のオーディオのみとなっていたのです。
 その後、1回だけTA2020でオーディオに復活したこともありましたが、見た目の満足感が無いため、やがて廃れてしまいました。
それにしても、ミニコンポでこれだけの音が出せるCR-185は凄いですね。
 大型の高級オーディオも音は良いのでしょうが、置く場所や重さで管理出来ません。ハードオフに高級機も沢山売られていますが
興味は湧かないですね。
 もっとも、ミニコンポは小さいと言っても、15台もあれば、足元はお祭り騒ぎです。果たしてどこまで行くのやら・・・?
コロナが収まるまでは無理かも?

                                                          Dynaまでメール 

 

 

戻る